• 本

池上彰の未来を拓く君たちへ

日経ビジネス人文庫 い21−4

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-532-19966-1
4-532-19966-2
税込価格 880円
頁数・縦 275P 15cm

商品内容

要旨

日々のニュースを追い、教養を磨くべき理由。「すぐに役立たないこと」が、いずれ「役立つ」。時にはそもそもの問題設定を疑え。仕事につらくなったら読書に逃げ込む道もある―。東工大での人気講義や若者たちとの対話を紹介した日経朝刊の人気コラム「大岡山通信」が文庫になりました。池上版「人生読本」「学問のススメ」とも言える一冊です。

目次

第1部 今日を生き抜く―働くこと、学ぶこと、生きること(新たな一歩を踏み出す君へ
働くこと、生きること―私も悩んできた ほか)
第2部 明日を見極める―正しい情報を知り、考え、判断する(ニュースを毎日チェックしよう―君たち自身で世界のシナリオを描こう
フェイクニュースにだまされない―すぐに反応せず、情報を咀嚼しよう ほか)
第3部 世界を読む―未来を見通す力を養う(君たちが築く明日の世界―グローバル社会を生きる
平和の祭典―世代で異なるオリンピックへの思い ほか)
第4部 日本を知る―直面する課題と向き合う(官僚の仕事は誰のため―財務省の決裁文書「改ざん」問題
議論の根拠はどこに?―「裁量労働制」の行方 ほか)

出版社・メーカーコメント

あなたがあなたらしく生きるための「学び方・働き方・生き方」。社会に出る若者たちへ向けた「生き方講座」を文庫化。○18年4月に刊行した同名書の文庫化。日経新聞連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第4弾。○大学生や高校生を対象にした講義やイベントでの対話、教え子との読書会などを基にした連載コラムをまとめたもの。ジャーナリストというより教育者としての顔がより色濃く表れている。ニュースの見方や世界の読み方を解説しながらも、若者たちになぜ学び、いかに働き、生きるかを問う、池上版「人生読本」「学問のススメ」。

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
ジャーナリスト。東京工業大学特命教授。1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題を担当する。1994年から11年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーになり、書籍やテレビ、選挙報道等でニュースをわかりやすく解説し幅広い人気を得ている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)