• 本

「人間とは何か」はすべて脳が教えてくれる 思考、記憶、知能、パーソナリティの謎に迫る最新の脳科学

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-416-51932-5
4-416-51932-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 254,15P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

私とは何か、人類はなぜ繁栄できたのか、心とは物理的なものか。哲学や進化学、文化人類学にもつながる神経科学の学問としての奥行きの深さに、知的好奇心が刺激される。実用にも研究にも偏りすぎることなく、平易で簡潔な文章で描いた、大人の教養書籍の世界的決定版。

目次

第1章 思考の進化、または思考の革命
第2章 パーソナリティを探して
第3章 記憶と学習
第4章 脳内GPS
第5章 感じる脳
第6章 知能
第7章 マルチタスク
第8章 脳は文化をつくる
第9章 脳で食べる
第10章 薬物依存症
第11章 道は続く

出版社・メーカーコメント

★「脳科学が私たち自身をどこまで解明できたのかがわかる、日常に活かす脳科学の本として理想的な一冊」★中野信子氏(脳科学者)推薦! ノルウェー発、脳科学から解き明かす「人間とは何か」。ノルウェーで出版後、世界21か国で翻訳出版されている、世界的ベストセラーです。

著者紹介

ノーデンゲン,カーヤ (ノーデンゲン,カーヤ)   Nordengen,Kaja
1987年生まれ。アーケシュフース大学病院の神経学専門医。オスロ大学で教鞭もとる。2014年に“The localisation and function of NAA,NAAG and their derivatives in the brain.”で博士号を取得
羽根 由 (ハネ ユカリ)  
大阪市立大学法学部卒業。スウェーデン・ルンド大学法学部修士課程修了
枇谷 玲子 (ヒダニ レイコ)  
1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。在学中の2005年に翻訳家デビュー。北欧の書籍の紹介に注力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)