• 本

日本憲法史

講談社学術文庫 2599

出版社名 講談社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-06-518346-5
4-06-518346-4
税込価格 1,518円
頁数・縦 407P 15cm

商品内容

要旨

一八八九年発布の大日本帝国憲法は、統一国家としての基本原理を、君主主義的な立憲制に求めた。敗戦後、占領軍のもと複雑な経緯で定められた日本国憲法は、大陸型の政治制度と米国型「法の支配」の概念を併せ持つに至る。近代のわが国が時代ごとに必要としてきたものは何か?議論をさかのぼり、成立過程と運用の変遷から日本の憲政を振り返る。

目次

序章 日本憲法史の考え方
第1章 条約改正問題の推移
第2章 立憲政体構想の模索
第3章 立憲政体構想の確定
第4章 立憲体制樹立への準備
第5章 基本法典の調査立案
第6章 枢密院の基本法典制定会議
第7章 明治典憲体制の成立
第8章 明治立憲制の特質と運用
第9章 日本国憲法の制定
第10章 現行憲法体制の成立と運用

おすすめコメント

幕末の不平等条約から大日本帝国憲法、日本国憲法まで、統一国家としての日本における立憲の歴史を体系立ててたどる。

著者紹介

大石 眞 (オオイシ マコト)  
1951年宮崎県生まれ。東北大学法学部卒業。専門は憲法学、議会法、憲法史。九州大学教授、京都大学教授等を経て京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)