• 本

線型代数 生態と意味

ちくま学芸文庫 モ6−7 Math & Science

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-480-09966-2
4-480-09966-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 307P 15cm

商品内容

要旨

線型代数は大学教養課程で学ぶ数学の柱のひとつだが、もう一方の柱、解析学ほど学生には定着していない。これは、線型代数がどういう世界を語り、どのような生態なのか、長い歴史のある解析学と較べ、見えにくいことによる、と著者は言う。物理学や工学、化学、経済学、情報系など多くの分野で有効な武器として使われている線型代数をイメージや意味のセンスを大切にしながら、根本的な概念からひとつひとつ丁寧に説明する。「基礎」の骨格をくっきり際立たせた一味違った入門書。

目次

なぜ線型代数か
多次元量の乗法
直線と平面
次元
関数空間
変換群
内積
幾何
面積
行列式
3次元空間
複素数
固有値
2時曲面
極地
振動

出版社・メーカーコメント

理工系大学生必須の線型代数を、その生態のイメージと意味のセンスを大事にしつつ、基礎的な概念をひとつひとつユーモアを交え丁寧に説明する。

著者紹介

森 毅 (モリ ツヨシ)  
1928‐2010年。東京生まれ。数学者。東京大学理学部数学科を卒業。京都大学教養部で教鞭を執り、また民間の数学教育運動にも参画した。京都大学名誉教授。自由な発想による論評の鋭さから、“一刀斎”と呼ばれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)