• 本

時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」

ブルーバックス B−2124

出版社名 講談社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-06-518463-9
4-06-518463-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 233P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

私たちは、日々当たり前のように、過去・現在・未来という「時間の流れ」を感じている。だが、相対性理論以降の現代物理学によれば、時間は「流れていない」。時間の流れは物理現象ではなく、個々の人間の「意識」が作り出したものだというのだ。では、現代物理学でいう「時間」とは何なのだろうか。本書では、「時間とは何か」「時間は本当に過去から未来へ流れているのか」「時間が経つとはどういう現象なのか」といった古代から学者たちを悩ませてきた謎を、相対性理論、宇宙論、熱力学、神経科学などの成果をもとに解き明かす。「時間は、外部から影響を受けることなく宇宙全域で一様に流れる」というニュートンの時間観は現代では否定されており、時間は流れておらず、「過去から未来への方向性を持った拡がり」という認識が物理学では主流になっているという。著者は1956年生まれで、東京大学大学院博士課程修了、理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。科学哲学や科学史をはじめ幅広い分野で研究を行っている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2020年3月3日]

商品内容

要旨

時間とは何か?時は本当に過去から未来へ流れているのか?「時間が経つ」とはどういう現象なのか?先人たちが思弁を巡らせてきた疑問の扉を、いま、物理学はついに開きつつある。相対性理論、宇宙論、熱力学、量子論、さらには神経科学を見渡し、科学の視座から時間の正体に迫る。

目次

はじめに―時の流れとは
第1部 現在のない世界(時間はどこにあるのか
過去・現在・未来の区分は確実か
ウラシマ効果とは何か)
第2部 時間の謎を解明する(時間はなぜ向きを持つか
「未来」は決定されているのか
タイムパラドクスは起きるか
時間はなぜ流れる(ように感じられる)のか)

おすすめコメント

「時が経つ」とはどのような現象なのか? 過去から未来へ我々を押し出す、この不思議な流れの正体とは? 物理学が時間の謎に迫る。

著者紹介

吉田 伸夫 (ヨシダ ノブオ)  
1956年、三重県生まれ。東京大学理学部卒業、同大学大学院博士課程修了。理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。科学哲学や科学史をはじめ幅広い分野で研究を行っている。ホームページ「科学と技術の諸相」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)