• 本

犯罪小説家 新装版

双葉文庫 し−29−06

出版社名 双葉社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-575-52307-2
4-575-52307-0
税込価格 792円
頁数・縦 468P 15cm
シリーズ名 犯罪小説家

商品内容

要旨

新鋭作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』の映画化が決まった。監督・脚本に選ばれた奇才・小野川充は、かつて世間を騒がせた自殺系サイトとその主宰者・木ノ瀬蓮美の“伝説の死”に異常なこだわりを見せ、執拗に映画と絡めようとする。一方、小野川に依頼されて蓮美の死の謎に迫り始めたライターの今泉知里は、事件の裏に待居と似た男の存在があると気づき―。予測不能の恐怖が待ち受ける、雫井サスペンスの真骨頂!

出版社・メーカーコメント

新鋭作家である待居涼司の出世作『凍て鶴』の映画化が決まった。監督・脚本に選ばれた奇才・小野川充は、かつて世間を騒がせた自殺系サイトとその主催者の”伝説の死“に異常なこだわりを見せ、執拗に映画と絡めようとする。はたしてその思惑とは――? 予測不能の恐怖が待ち受ける、雫井サスペンスの真骨頂!

著者紹介

雫井 脩介 (シズクイ シュウスケ)  
1968年愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年、第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』でデビュー。04年に上梓した『犯人に告ぐ』は第7回大藪薮春彦賞を受賞し、ベストセラーとなる。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)