• 本

アルゲリッチとポリーニ ショパン・コンクールが生んだ2人の「怪物」

光文社新書 1043

出版社名 光文社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-334-04453-4
4-334-04453-0
税込価格 924円
頁数・縦 228P 18cm

商品内容

要旨

ともにショパン・コンクールで優勝し、現在、世界最高のピアニストと称されるマルタ・アルゲリッチとマウリツィオ・ポリーニ。だが、2人の演奏スタイルは正反対。「情感豊かに感性で弾く」アルゲリッチに対し、「完全無欠な演奏を披露する」ポリーニ。得意とするレパートリー、そして私生活でも対照的な面を見せる。クラシック音楽界の「怪物」2人はどんな人生を歩み、演奏スタイルを追求してきたのか。日本との接点は?―2人の物語を音楽的事象に沿って綴りながら、20世紀後半から現在までのクラシック音楽史を照らし出す。名盤紹介付き。

目次

序章 なぜ日本人はこんなにもピアノ音楽が好きなのか
第1章 ミケランジェリと2人のショパン・コンクール覇者(1941年〜1967年)
第2章 恋多きピアニストとショパン練習曲集(1968年〜1983年)
第3章 アルゲリッチ音楽祭とポリーニ・プロジェクト(1984年〜2000年)
第4章 21世紀のヴィルトゥオーゾ(2001年〜)
終章 ショパン・コンクールの歩き方

出版社・メーカーコメント

ともにショパン・コンクールで優勝し、現在、世界最高のピアニストと称されるマルタ・アルゲリッチとマウリツィオ・ポリーニ。だが、二人の演奏スタイルは正反対。「情感豊かに感性で弾く」アルゲリッチに対し、「完全無欠な演奏を披露する」ポリーニ。得意とするレパートリー、そして私生活でも対照的な面を見せる。クラシック音楽界の「怪物」2人はどんな人生を歩み、演奏スタイルを追求してきたのか。日本との接点は? ―― 2人の物語を音楽的事象に沿って綴りながら、20世紀後半から現在までのクラシック音楽史を照らし出す。

著者紹介

本間 ひろむ (ホンマ ヒロム)  
1962年東京都生まれ。批評家。大阪芸術大学芸術学部文芸学科中退。専門分野はクラシック音楽評論・映画批評。新聞・雑誌への寄稿のほか、ラジオ番組出演、作詞作曲も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)