• 本

異戦関ケ原 7

戦国挽歌

ヴィクトリーノベルス

出版社名 電波社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-86490-185-7
4-86490-185-6
税込価格 1,045円
頁数・縦 243P 18cm
シリーズ名 異戦関ケ原

商品内容

要旨

豊臣秀頼を擁す石田三成と、次の天下の覇者を目指す徳川家康の対決はいよいよ山場を迎えようとしていた。遠く奥羽の地、革籠原の戦いで義将・上杉景勝を喪った西軍であったが、伊達政宗を家康から引き離すことに成功、最終決戦へ着々と準備を整えつつあった。一方東軍も、三成を得意の野戦へ誘い出すべく、熟知した濃尾平野に戦場の設定を急ぐ。そして関ヶ原以来、ついに日本を二つに分けた合戦の火蓋が切られた。両軍の巧みな戦略により、大名たちの思惑も交錯し、未曾有の大戦はだれも予想し得ない終局を迎えることになる―!人気戦国シミュレーション、衝撃の最終巻!!

著者紹介

中里 融司 (ナカザト ユウジ)  
1957年、東京都出身。武蔵大学卒業。八年間の会社勤めの後、文筆の道を志し、1994年、学研歴史群像大賞優秀賞、メディアワークス電撃ゲーム小説大賞銀賞を受賞。時代小説、本格歴史小説、架空戦記小説など、多彩な分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)