• 本

極北

中公文庫 む4−12

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-12-206829-2
4-12-206829-0
税込価格 946円
頁数・縦 419P 16cm

商品内容

要旨

「私は肝の据わった人間だ。そうでなければやっていけない」―極限の孤絶から、酷寒の迷宮へ。私の行く手に待ち受けるものは。最初の一ページを読み始めたら、決して後戻りはできない。あらゆる予断をゆさぶる圧倒的な小説世界。この危機は、人類の未来図なのか。目を逸らすことのできない現実を照射し、痛々しいまでの共感を呼ぶ、美しく強靱なサバイバルの物語。

出版社・メーカーコメント

極限の孤絶から、酷寒の迷宮へ。私の行く手に待ち受けるものは。この危機は、人類の未来図なのか――読み始めたら決して後戻りはできない圧巻のサバイバル巨編。

著者紹介

セロー,マーセル (セロー,マーセル)   Theroux,Marcel
1968年ウガンダに生まれ、英国で育つ。ケンブリッジ大学で英文学、イエール大学でソヴィエト、東欧の国際関係を研究。環境問題や日本の「わびさび」など多様なテーマのドキュメンタリー番組制作に携わり、2002年発表の小説The Paperchaseでサマセット・モーム賞を受賞。『極北』は全米図書賞及びアーサー・C・クラーク賞の最終候補となり、「主要な文学賞が見過ごしている格別に優れた作品」に贈られるフランスのリナペルスュ賞を受賞した
村上 春樹 (ムラカミ ハルキ)  
1949年生まれ。日本を代表する小説家であると同時に、海外文学の優れた読み手として、カポーティ、フィッツジェラルド、カーヴァー、オブライエン、チャンドラー等の作品を手ずから翻訳、紹介してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)