• 本

西日本鉄道殺人事件

出版社名 新潮社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-10-334435-3
4-10-334435-0
税込価格 913円
頁数・縦 192P 18cm

商品内容

要旨

福岡から大牟田へと走る西鉄特急の車内で、九十一歳の元社長が殺された。かつて三連覇に熱狂した西武ライオンズゆかりの地を巡り、鹿児島へ向かう旅の途中だった。被害者の「最後の旅」の目的地を辿り、ライオンズ黄金時代から遡って、十津川警部の捜査は意外な方向へ!

出版社・メーカーコメント

福岡から大牟田へと走る西鉄特急の車内で、九十一歳の元社長が殺された。かつて三連覇に熱狂した西鉄ライオンズゆかりの地を巡り、鹿児島へ向かう旅の途中だった。被害者の「最後の旅」の目的地は? 事件の鍵はライオンズ黄金時代にあるのか、さらに歴史を遡るのか? 十津川警部が難事件に挑む長編トラベルミステリー。

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京に生れる。’63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、’81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年に日本ミステリー文学大賞、’10年、長谷川伸賞を受賞した。’18年、デビュー55周年&十津川警部登場45周年を迎えた。著作600冊を超え、なお精力的な活躍をつづける、トラベルミステリーの第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)