• 本

日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-12-005264-4
4-12-005264-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 270P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

私たちの身近にあって、美しく季節を教えてくれる草花。懸命に生きる植物たちには驚くべき知恵や工夫があります。そして、私たち日本人は草花とともに、物語や伝説を生きてきました。本書を片手に、もう一度身の回りの植物にまなざしをそそいでみませんか。

目次

新春を祝う植物たち
春の訪れを告げる植物たち
春を演出する樹木たち
春を演出する草花たち
初夏に花咲く植物たち
夏の暑さの中で花咲く樹木たち
夏の暑さの中で花咲く草花たち
時刻を知られる植物たち
秋を魅せる樹木たち
秋を魅せる草花たち
冬の寒さの中で花咲く植物たち

出版社・メーカーコメント

古来日本人は、植物たちや花々の姿を愛で、歌に詠み、絵画に描いてきた。日本の草花を四季に応じて紹介する本書は、カラーの美しいイラストも魅力だ。

著者紹介

田中 修 (タナカ オサム)  
甲南大学特別客員教授/名誉教授。1947年(昭和22)京都市に生まれる。京都大学農学部卒業、同大学院博士課程修了。スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究員などを経て、甲南大学理学部教授を務め、現職。農学博士、専門は、植物生理学
朝生 ゆりこ (アソウ ユリコ)  
イラストレーター、グラフィックデザイナー。東京藝術大学美術学部油画科卒。雑誌、書籍のイラスト、挿画などを多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)