• 本

建国神話の社会史 史実と虚偽の境界

中公選書 102

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-12-110102-0
4-12-110102-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

要旨

「先生、そんなの嘘だっぺ!」。天照大神の孫が高天原から降臨し、その孫である神武天皇がヤマトに東征、橿原宮で天皇の位に就く―。『古事記』『日本書紀』に記されたこれらの神話が歴史的事実ではないことは、戦前の普通の人々にとっても当たり前のことであった。一方で、民主化や経済振興の手段ともなった巨大な「建前」は、やがて戦時下の国民を大きな混乱に巻き込んでいく。『昭和天皇』の著者による天皇と日本社会の近代史。

目次

プロローグ 史実と虚偽の境界
第1講 神話が事実となるまで
第2講 「事実」化の波紋―国際協調の時代
第3講 建国祭と万国博覧会
第4講 「事実」化の矛盾―満洲事変の影響
第5講 「紀元は二千六百年」―戦時下の建国神話
第6講 「事実」化の破綻―敗戦とその後
エピローグ 「建国神話の社会史」の旅を終えて

出版社・メーカーコメント

「先生、そんなの嘘だっぺ!」−−神話が「史実」となった時、教室の中で、そして教室の外で何が起きたか。一方で、民主化や経済振興の手段ともなった巨大な「建前」に戦前の人々はどう向き合ったのか。『昭和天皇』の著者による天皇と日本社会の近代史。

著者紹介

古川 隆久 (フルカワ タカヒサ)  
1962年東京生まれ。東京大学文学部国史学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科国史学専攻博士課程修了。博士(文学)。広島大学専任講師、横浜市立大学助教授等を経て、日本大学文理学部教授。専攻は日本近現代史。著書に『昭和天皇』(サントリー学芸賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)