• 本

人文主義の言語思想 フンボルトの伝統

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-00-061396-5
4-00-061396-0
税込価格 9,460円
頁数・縦 320,28P 22cm

商品内容

要旨

言語と知性の多様性を唱え、比較人間論を構想したヴィルヘルム・フォン・フンボルト。彼の言語哲学が、ライプニッツ、ヴィーコ、ヘーゲル、デリダ等と織りなすドイツ人文主義の諸伝統を、壮大な思想史として描き出す。

目次

第1章 「恣意的記号からかけ離れたもの」―ダンテからフンボルトまでのヨーロッパ言語記号論
第2章 思考の形成器官―フンボルト言語思想の基本的特徴
第3章 知性の多様性―人間学と言語学
第4章 言語学の内的概念―フンボルトとライプニッツ
第5章 境界線の彼岸―言語の起源
第6章 新たな言語の成立―ロマンス諸語の誕生
第7章 ヴィーコとフンボルトにおける想像力と言語
第8章 聴取と応答―一八〇〇年前後のドイツ言語哲学における耳から声への移行
第9章 フンボルトのグラマトロジー―言語の本性への斬新な洞察
第10章 思慮なき体系―プロイセンの巨艦「フンボルト」、その格納と暴露

著者紹介

トラバント,ユルゲン (トラバント,ユルゲン)   Trabant,J¨urgen
1942年生まれ。1969年学位取得。ベルリン自由大学ロマンス言語学名誉教授。ロマンス言語学、記号論、言語思想史
村井 則夫 (ムライ ノリオ)  
1962年生まれ。中央大学文学部教授。哲学、思想史
齋藤 元紀 (サイトウ モトキ)  
1968年生まれ。高千穂大学人間科学部教授。哲学、倫理学
伊藤 敦広 (イトウ アツヒロ)  
1987年生まれ。作新学院大学女子短期大学部准教授。教育哲学、教育思想史
梅田 孝太 (ウメダ コウタ)  
1980年生まれ。上智大学ほか兼任講師。哲学、倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)