• 本

ルイス・フロイス

人物叢書 新装版 通巻301

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-642-05294-8
4-642-05294-1
税込価格 2,530円
頁数・縦 313P 19cm

商品内容

要旨

戦国末期に、ザビエルの衣鉢をついで来日。織田信長の知遇を得て京都に南蛮寺を建て、豊後を拠点に大友氏と親交を深めるなど、畿内・九州各地でキリスト教を広める。長崎で没するまで、31年間の滞在で日本人の文化・習俗に精通。多くの報告書や『日本史』『日欧文化比較』を執筆し、当時の日本社会を知る上で貴重な記録を残した宣教師の生涯。

目次

第1 おいたち
第2 インド渡航・司祭への道
第3 日本における宣教開始
第4 京都・畿内宣教
第5 豊後赴任と宗麟の改宗
第6 準管区長秘書就任と年報執筆
第7 晩年
おわりに

おすすめコメント

戦国末期に、ザビエルの衣鉢をついで来日。織田信長の知遇を得て京都に南蛮寺を建て、豊後を拠点に大友氏と親交を深めるなど、畿内・九州各地でキリスト教を広める。長崎で没するまで、三一年間の滞在で日本人の文化・習俗に精通。多くの報告書や『日本史』『日欧文化比較』を執筆し、当時の日本社会を知る上で貴重な記録を残した宣教師の生涯。

著者紹介

五野井 隆史 (ゴノイ タカシ)  
1941年北海道に生まれる。1971年上智大学大学院文学研究科博士課程単位修了。現在、東京大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)