• 本

自然と文化を越えて

〈叢書〉人類学の転回

出版社名 水声社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-8010-0467-2
4-8010-0467-9
税込価格 4,950円
頁数・縦 637P 20cm

商品内容

要旨

アチュアル族のインディオとの出逢いをきっかけに、地球規模で広がる四つの存在論を横断し、非人間をも包摂する関係性の分類学を打ち立てる―。近代西洋が発明した「自然/文化」という二分法を解体し、人類学に“転回”をもたらした記念碑的著作。

目次

第1部 「自然」の騙し絵(連続体の諸形象
野生と家庭
大分割)
第2部 経験の構造(実践の図式
自己との関係/他者との関係)
第3部 存在の配置(アニミズム再考
存在論としてのトーテミズム
ナチュラリズムにとって確かなこと
アナロジーの眩暈
項・関係・カテゴリー)
第4部 世界の用法(集合の創設
習俗の形而上学)
第5部 関係の生態学(繋がりの諸形態
霊魂の交渉
構造の歴史)
可能事の目録

著者紹介

デスコラ,フィリップ (デスコラ,フィリップ)   Descola,Philippe
1949年、パリに生まれる。文化人類学者。サン=クルーの高等師範学校を卒業後、クロード・レヴィ=ストロースに師事し、社会科学高等研究院で教鞭をとる。現在、コレージュ・ド・フランス教授
小林 徹 (コバヤシ トオル)  
1975年、東京都に生まれる。パリ第一大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専攻、フランス現代哲学。現在、龍谷大学文学部哲学科哲学専攻専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)