• 本

中高年ひきこもり

幻冬舎新書 さ−4−2

出版社名 幻冬舎
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-344-98581-0
4-344-98581-8
税込価格 880円
頁数・縦 218P 18cm

商品内容

要旨

内閣府の調査では、40〜64歳のひきこもり状態にある人は推計61万人と、15〜39歳の54万人を大きく上回る。中高年ひきこもりで最も深刻なのは、80代の親が50代の子どもの面倒を見なければならないという「8050問題」だ。家族の孤立、孤独死・生活保護受給者の大量発生―中高年ひきこもりは、いまや日本の重大な社会問題だ。だが、世間では誤解と偏見がまだ根強く、そのことが事態をさらに悪化させている。「ひきこもり」とはそもそも何か。何が正しい支援なのか。第一人者による決定版解説書。

目次

第1章 中高年ひきこもり一〇〇万人の衝撃
第2章 ひきこもりをめぐる10の誤解(現状認識編)
第3章 ひきこもりをめぐる10の誤解(対応編)
第4章 家族のための対応のヒント
第5章 家庭内暴力への対応のヒント
第6章 ひきこもり問題の歴史・現状・未来
第7章 成熟化した社会の未成熟な大人たち

おすすめコメント

内閣府の調査では、40〜64歳のひきこもり状態にある人は推計61万人と、15〜39歳の54万人を大きく上回る。中高年ひきこもりで最も深刻なのは、80代の親が50代の子どもの面倒を見なければならないという「8050問題」だ。家族の孤立、孤独死・生活保護受給者の大量発生――中高年ひきこもりは、いまや日本の重大な社会問題だ。だが、世間では誤解と偏見がまだ根強く、そのことが事態をさらに悪化させている。「ひきこもり」とはそもそも何か。何が正しい支援なのか。第一人者による決定版解説書。

著者紹介

斎藤 環 (サイトウ タマキ)  
1961年岩手県生まれ。筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。爽風会佐々木病院等を経て、筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン(ODNJP)共同代表。専門は思春期精神医学、病跡学。『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』(角川書店、第11回角川財団学芸賞)など著訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)