• 本

つきあいが苦手な人のためのネットワーク術

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-484-20101-6
4-484-20101-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 317P 19cm

商品内容

要旨

グーグル社で要職を務めたツイッター社の元・編集トップが、SNS社会で大切な人間関係を構築・維持できる、極意を伝授。うわべだけの交流が苦痛…そんな“敏感すぎるあなた”でも、“使える人脈”を広げられる!

目次

第1部 「つながり」づくりの要素(内向型人間の秘めた力を解き放つ
なぜネットワークづくりが重要なのか
ゆるく連絡を保つ習慣
弱い絆の価値)
第2部 オンライン・ツールキット(仕事と私生活を切り分けない
ソーシャルメディアの活用
無理のない参加
(それでも)Eメールはキラーアプリ)
第3部 リアルな世界でやるべきこと(現実世界が手招きする
雑談のすすめ
求職活動のポイント
あなたならできる)

おすすめコメント

GoogleとTwitterで活躍したグローバル・コミュニケーションのエキスパートで自称「内向型人間」である著者が、敏感な自分を大切にしながら、重要なつながり(人脈・人間関係)をつくり、維持する方法を伝授。

著者紹介

ウィッカー,カレン (ウィッカー,カレン)   Wickre,Karen
グーグル社に10年近く在籍したのち、ツイッター社で編集ディレクターを務めたグローバル・コミュニケーションのエキスパート。Wired.comにコラムを寄稿し、いくつかのジャーナリズム委員会にも所属している。LinkedIn,Medium、およびその他のソーシャルメディアを通じ40,000人近くのフォロワーと連絡先を持ち、その多くはインフルエンサーとして知られている。サンフランシスコ在住。『つきあいが苦手な人のためのネットワーク術』は初の著書
安藤 貴子 (アンドウ タカコ)  
早稲田大学教育学部英語英文学科卒。外資系銀行や英語教室勤務をへて、英日翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)