• 本

慰安婦

出版社名 幻冬舎
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-344-03564-5
4-344-03564-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 300P 21cm

商品内容

要旨

つねに日韓間で燻り続ける慰安婦問題。そもそも創られたこの争点に日本人はいつまで振り回されねばならないのか。日本人が反日になってどうする!もはや憂国している場合ではない。何度、決着しても亡霊のように出現する、韓国のみならず日本にも蔓延した「嘘の歴史」の数々がはっきりわかる。著者25年間の闘いの軌跡と、未来のための提言。

目次

「反日」が原理の国
おそるべき慰安婦問題の反響
心からの謝罪の無意味
老若男女・慰安婦問題大論争
戦場の性欲とフェミニズム
弱者という聖域に居る権力者
43団体の言論封殺にわしは屈せぬ
朝ナマで見た凶暴な善意のファシズム
わしは広義の強制連行による漫奴隷だった!
右翼のレッテル貼りを排する女性に感謝
ゴー宣版従軍慰安婦資料集
「従軍慰安婦」の真実
慰安婦問題の歴史1 「慰安婦問題」ができるまで
慰安婦問題の歴史2 「河野談話」はこうしてつくられた
過去を裁く現代人の奢り
慰安婦問題の歴史3 日本を「性奴隷国家」にした者たち
20世紀の女性の人権侵害は「性奴隷」である
慰安婦像は神聖不可侵じゃない
反日種族主義と戦え!

出版社・メーカーコメント

これは反韓ではない。日韓、未来のために!反日種族主義の象徴「慰安婦」のすべてがわかる!第1章 「反日」が原理の国第2章 おそるべき慰安婦問題の反響第3章 心からの謝罪の無意味第4章 老若男女・慰安婦問題、大論争第5章 戦場の性欲とフェミニズム  第6章 弱者という聖域に居る権力者第7章 43団体の言論封殺にわしは屈せぬ  第8章 朝ナマで見た凶暴な善意のファシズム第9章 わしは広義の強制連行による漫奴隷だった!第10章 右翼のレッテル貼をする女性に感謝第11章 ゴー宣版・従軍慰安婦資料集第12章 「従軍慰安婦」の真実第13章 慰安婦問題の歴史第14章 慰安婦問題の歴史A第15章 過去を裁く現代人の奢り第16章 慰安婦問題の歴史B第17章 20世紀の女性の人権侵害とは「性奴隷」である

著者紹介

小林 よしのり (コバヤシ ヨシノリ)  
漫画家。昭和28(1953)年、福岡県生まれ。昭和51(1976)年、大学在学中に描いたデビュー作「東大一直線」が大ヒット。昭和61(1986)年に始まった「おぼっちゃまくん」が大ブームに。同作品で小学館漫画賞受賞。平成22(2010)年から「ゴー宣道場」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)