• 本

渋沢敬三とアチック・ミューゼアム 知の共鳴が創り上げた人文学の理想郷

出版社名 勉誠出版
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-585-22263-7
4-585-22263-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 351P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「屋根裏」の名を冠した私設博物館兼研究所「アチック・ミューゼアム」を開設した彼のもとには、多種多様な人々が集まり、学問を紐帯としたある種の共同体が形成されていた…人文学本来のかたちを体現する、人びとの興味と能力が調和・共鳴し合いながら互いの成長をはぐくむ共同空間を作り出した渋沢とその仲間たちの営為・思想から、文化創造のあり方を探る。

目次

はじめに―なぜ今、渋沢敬三なのか
第1章 学問の形成(いかに生きるかの模索
経済史的思考の確立)
第2章 学問の萌芽(博物館的思考の形成
アチック・ミューゼアム・再起動
研究のコミュニティ形成)
第3章 学問の開花(民具研究の実像
漁業史研究の実像
項目調査と郵便の活用)
おわりに―渋沢敬三の学問の流儀と人文学のこれから

著者紹介

加藤 幸治 (カトウ コウジ)  
1973年生まれ。武蔵野美術大学教養文化・学芸員課程教授。専門は日本民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)