• 本

日本と韓国・北朝鮮未解決問題の真実

出版社名 育鵬社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-594-08372-4
4-594-08372-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 319P 19cm

商品内容

要旨

無期囚作家、渾身の考察!日本と韓国・北朝鮮に横たわる病巣の淵源を抉る!

目次

第1部 日本統治時代の真実(日韓併合が日本と韓国にもたらしたもの)
第2部 慰安婦・徴用工・竹島(慰安婦問題の根深さ
徴用工は強制か
竹島の領土問題
悪化する日韓関係と文大統領)
第3部 北朝鮮の核と拉致(北朝鮮は核を放棄するのか
拉致問題は解決するのか)

おすすめコメント

日本と韓国・北朝鮮にある未解決問題を1冊に凝縮。歴史の真実を知る格好の書!韓国と北朝鮮と我が国の間には絶えず「問題」が横たわっている。韓国との間に存在する徴用工・慰安婦・竹島「問題」。そして北朝鮮との間には核・拉致「問題」。本書は、韓国・北朝鮮と日本との間に残った懸案を基礎から学ぶための本。無期囚として服役中の作家が家族の体験も踏まえて考察する異色作!第1部 日本統治時代の真実■日韓併合が日本と韓国にもたらしたもの・併合までの複雑な経緯・韓江の奇跡は誰のおかげか第2部 慰安婦・徴用工・竹島■慰安婦問題の根深さ・慰安婦問題がなぜ解決されないのか・虚報に動かされた政府が韓国に謝罪■徴用工は強制か・戦時徴用の歴史・強制連行ではなく、強制送還という悩み■竹島の領土問題・竹島を巡る紛争は一人の嘘から始まった・竹島にまつわる歴史■悪化する日韓関係と文大統領・近年の日韓関係の動向・文大統領、レイムダックか第3部 北朝鮮の核と拉致■北朝鮮は核を放棄するのか・北朝鮮の核ミサイル発射実験の軌跡・核兵器開発を止める転機はなかったのか■拉致問題は解決するのか・日本人拉致問題とは何か・拉致問題発覚のきっかけは

著者紹介

美達 大和 (ミタツ ヤマト)  
1959年生まれ。無期懲役囚。刑期10年以上の受刑者が収容される「LB刑務所」に服役中(仮釈放は放棄)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)