• 本

痛み・鎮痛の教科書しくみと治療法 カラー図解

出版社名 ナツメ社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-8163-6772-4
4-8163-6772-1
税込価格 2,090円
頁数・縦 263P 21cm

商品内容

要旨

「痛み」について正しい知識が身につく!適切な対処の方法がわかる!他人の「痛み」が理解できる!医療従事者も病状説明のツールとして使える!部位別の疾患、評価と診断、治療法を西洋医学と東洋医学の両方で解説!スポーツ選手、スポーツトレーナーから、作業療法士、理学療法士、柔道整復師などの医療従事者まで、幅広く役立つ「痛み」のバイブル!

目次

第1章 痛みとは?(痛みの定義
痛みのメリット・デメリット ほか)
第2章 痛みの神経ネットワーク(神経の概略
情報や脳からの指令を伝えるニューロンの構造 ほか)
第3章 部位別でみる痛みの疾患(頭部の痛み
首・肩・上肢の痛み ほか)
第4章 評価と診断(痛みの診断と評価の難しさ
痛みの性質と強さ ほか)
第5章 痛みの治療法(リハビリテーション療法
神経ブロック療法 ほか)

著者紹介

上野 博司 (ウエノ ヒロシ)  
京都府立医科大学麻酔科学教室准教授。京都府立医科大学附属病院疼痛緩和医療部副部長。1997年京都府立医科大学医学部卒業。日本麻酔科学会麻酔専門医・指導医。日本ペインクリニック学会専門医。日本緩和医療学会理事、日本麻酔科学会評議員、日本区域麻酔学会評議員。手術に対する麻酔を通して痛みを取り除くことの重要性を認識し、日本ペインクリニック学会前代表理事、日本緩和医療学会前理事長、日本慢性疼痛学会理事長の細川豊史先生に師事し、ペインクリニック・緩和医療を学ぶ。現在、京都府立医科大学附属病院で痛みの治療全般に従事、とくにがん患者の痛みの治療、緩和医療を主に担当する
影山 幾男 (カゲヤマ イクオ)  
日本歯科大学新潟生命歯学部解剖学第1講座主任教授。1982年3月、日本歯科大学新潟歯学部卒業。同年4月、東京慈恵会医科大学助手(解剖学教室)。同年6月、第71回歯科医師国家試験合格。1986〜88年、ドイツ・ヴュルツブルグ大学医学部に留学。1992年5月、医学博士号取得。同年10月、東京慈恵会医科大学講師(解剖学教室)。1993年4月、日本歯科大学新潟生命歯学部助教授(解剖学)。1995〜97年、カナダ・トロント大学歯学部とオーストラリア・アデレード大学歯学部に留学(トロント・アデレード大学歯学部客員助教授)。東京慈恵会医科大学講師(非常勤)、新潟医療福祉大学(非常勤)、国際メディカル専門学校講師(非常勤)、歯科基礎医学会評議員、日本人類学会評議員、日本解剖学会評議員、アメリカ臨床解剖学会会員
守口 龍三 (モリグチ リュウゾウ)  
1982年、東京都江東区門前仲町で「鍼灸整体龍泉堂」を開業。アスリートや一般の人を対象に、鍼灸整体とスポーツ医療マッサージを施すかたわら、医療系専門学校講師(1993〜2009年)、毛呂歯科医院東洋医学研究所の非常勤職員などを勤める。プロレス団体UWFインターナショナル、キングダム、高田道場の専属トレーナーとして約100大会に同行(1991〜2000年)。プリンスアイスショー(佐野稔、伊藤みどり所属)にてトレーナーとして公演に同行するなど、メディカルトレーナーとしてプロアスリート選手をケアしてきた経験も豊富。少林寺拳法7段、1986年全国大会最優秀賞、日本女子大学少林寺拳法部監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)