• 本

アダムの運命の息子たち 遺伝子が語る人類の盛衰

河出文庫 サ5−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-309-46709-2
4-309-46709-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 452P 15cm

商品内容

要旨

父系でのみ受け継がれるY染色体遺伝子の生存戦略が、世界の歴史を動かしてきた。二つの性の誕生、進化における性の役割、男性間あるいは男女間の遺伝子存続を懸けた戦い…。地球生命の進化史を再検証することで、人類の戦争や暴力の背景にある「アダムの呪い」が次第に浮かびあがる。そして、その果てには「男性のいない世界」が待ち受けるという、衝撃の未来予測まで語る!

目次

サイクス家の起源
孤独の染色体
生命のリボン
最後の抱擁
性と性染色体
男性が誕生するまで
魚に教わる性のヒント
性は必要?
理想的な共和国
性の解釈
性別
ふたつの戦線
必死の説得工作
世界の男たち
ヴァイキングの血
武将サマーレッドのY染色体
偉大なるチンギス・ハーン
古い学校名簿
トレーシー・ルイスの十一人の娘たち
罪なき者の虐殺
暴君の台頭
“イヴの七人の娘たち”一族の精子
同性愛遺伝子
ガイアの復習
呪いを解き放つ

おすすめコメント

父系でのみ受け継がれるY染色体遺伝子の生存戦略が、世界の歴史を動かしてきた。地球生命の進化史を再検証し、人類の戦争や暴力の背景を解明。さらには、衝撃の未来予測まで語る!

著者紹介

サイクス,ブライアン (サイクス,ブライアン)   Sykes,Bryan
オックスフォード大学名誉教授。人類遺伝学の国際的権威。古代人骨からのDNA採取の成功や、ミトコンドリアDNA解析による人類の系図の解明などで知られる
大野 晶子 (オオノ アキコ)  
翻訳家。英米文学の翻訳も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)