• 本

コンビニチェーン進化史

イースト新書 120

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-7816-5120-0
4-7816-5120-8
税込価格 946円
頁数・縦 293P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「コンビニエンス・ストア」は、「便利な小売店」の枠を超えて、今や「街のインフラ」としての地位を占めるまでになっている。そこには、徹底したドミナント戦略、三〇〇〇を超える商品の供給・流通網の整備、販売機会を逃さない単品管理システムの導入、コンビニ食開発による新規需要創出、チケット端末やATMをはじめとしたサービス機能の拡充など、数々の革新があった。なぜコンビニは、ここまで消費者需要を取り込み続けられたのか。果たして今後も、持続的に成長していける業態なのか。元『月刊コンビニ』編集長が、その驚異的な進化の歴史と新たな展望を解説する。

目次

第1章 「コンビニエンス・ストア」の夜明け
第2章 新興勢力参入による「コンビニ群雄割拠」
第3章 コンビニの屋台骨を支える「巨大流通システム」
第4章 需要を創造する「コンビニ食」
第5章 「インフラ化」するコンビニ
第6章 「ビッグ3競争時代」と「コンビニの未来」

おすすめコメント

「コンビニエンスストア」は、ただ「モノ」を売るだけでなく、「街のインフラ」としての地位を占めるまでになった。なぜここまで消費需要を取り込めたのか。「月刊 コンビニ」編集長が、その革新の歴史と展望を解説する。

著者紹介

梅澤 聡 (ウメザワ サトシ)  
流通ジャーナリスト。1961年、北海道札幌市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、西武百貨店に入社し、ロフト業態立上げに参画する。在職中「東京学生映画祭」の企画・立上げをする。1989年に商業界に入社すると、『販売革新』編集部へ。『月刊コンビニ』編集長、『飲食店経営』編集長、編集担当取締役を経て、フリーランスに。現在は両誌の編集委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)