• 本

社会保障法の法源

社会保障法研究双書

出版社名 信山社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-7972-7601-5
4-7972-7601-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 197P 23cm

商品内容

要旨

社会保障法を法律学の中に位置づける理論的営為。横断的な視座から社会保障法の変容と展開を考察。

目次

社会保障法と国際法規(概念の整理と分析軸の設定
国内立法過程への影響
日本における裁判上の位置づけ
考察
おわりに)
社会保障法と憲法(社会保障法学と憲法学
日本国憲法と社会保障
社会保障の理念―「連携」と「自律」
「健康で文化的な最低限度の生活」再論)
社会保障法と行政基準(法規命令
行政規則
おわりに)
社会保障法と私法秩序(社会保障法における民事法規
民事法規による直接的規律
民事法規による間接的規律
おわりに)
社会保障法の法源としての判例(社会保障法の特徴と社会保障法における裁判例
裁量統制論の系譜―朝日訴訟、堀木訴訟および老齢加算東京訴訟最判
下級審裁判例の意義―保険医療機関の指定に関する事例を中心に
裁判研究を通した社会保障法学のあり方、問題点、将来の課題)

著者紹介

岩村 正彦 (イワムラ マサヒコ)  
東京大学名誉教授
菊池 馨実 (キクチ ヨシミ)  
早稲田大学法学学術院教授
山下 慎一 (ヤマシタ シンイチ)  
福岡大学法学部准教授
植木 淳 (ウエキ アツシ)  
名城大学法学部教授
笠木 映里 (カサギ エリ)  
フランス国立科学研究センター研究員(ボルドー大学所属)
嵩 さやか (ダケ サヤカ)  
東北大学大学院法学研究科教授
加藤 智章 (カトウ トモユキ)  
北海道大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)