• 本

騙し花 草同心江戸鏡

実業之日本社文庫 よ5−5

出版社名 実業之日本社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-408-55567-6
4-408-55567-3
税込価格 759円
頁数・縦 274P 16cm

商品内容

要旨

娘たちが江戸から消えた!草同心を翻弄する悪党とは!?―浅草・浅草寺に近い蛇骨長屋に住む秋月半九郎は素浪人姿だが、実は街中に潜む悪を奉行所に報告する役目の草同心だ。同じ長屋の末吉と同郷の娘が、下谷の旗本屋敷に奉公に出た後、行方がわからなくなっているという。相次ぐ娘の失踪に悪行の匂いを感じとる半九郎は、娘たちの奉公先で門前払いを受けて…人情熱き草同心が江戸の闇に戦いを挑む!書下ろし新・時代人情サスペンス。

おすすめコメント

近在の村から江戸に奉公にきた娘が、ある旗本屋敷から次々と姿を消した。相談を受けた草同心・秋月半九郎が?んだ真実とは!?

著者紹介

吉田 雄亮 (ヨシダ ユウスケ)  
1946年佐賀県生まれ。雑誌編集者を経てフリーライターに。ノンフィクション、コミック原作、実録小説を手がけ、2002年「裏火盗罪科帖」シリーズで時代小説作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)