• 本

一枚の絵で学ぶ美術史カラヴァッジョ《聖マタイの召命》

ちくまプリマー新書 345

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-480-68369-4
4-480-68369-0
税込価格 1,045円
頁数・縦 190P 図版16P 18cm

商品内容

要旨

バロックを代表する画家カラヴァッジョの名画『聖マタイの召命』。この謎の多い絵画に込められた豊かなメッセージを受け取ろう。美術をみる目を助ける基礎的かつ普遍的な知識を紹介し西洋美術史の豊かな世界に誘う一冊。

目次

第1章 カラヴァッジョの時代と美術(宗教改革と世俗美術のはじまり
カトリック改革と宗教画の再生 ほか)
第2章 『聖マタイの召命』とは(サン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂
聖マタイ伝 ほか)
第3章 マタイはどこか(マタイ問題
マタイはどちらか? ほか)
第4章 回心と復活(パウロの回心
第一バージョン ほか)
第5章 死と召命(聖ペテロの否認
お迎えと殉教 ほか)

著者紹介

宮下 規久朗 (ミヤシタ キクロウ)  
1963年名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了。現在、神戸大学大学院人文学研究科教授。美術史家。2005年『カラヴァッジョ 聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)