• 本

池魚の殃

講談社文庫 ふ69−12 鬼籍通覧

出版社名 講談社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-06-516531-7
4-06-516531-8
税込価格 836円
頁数・縦 349P 15cm

商品内容

要旨

法医学教室に在籍する大学院生・伊月崇と担当教官伏野ミチルは、同時に何者かに拉致され光一筋差さぬ真っ暗な空間に監禁された。手探りで脱出経路を求める二人は、ミイラ化した人間の右腕を発見する…。拉致監禁の目的は?残されたミイラの意味は?リアルな医学知識で人間の闇を描く、法医学教室物語。

おすすめコメント

法医学ミステリの金字塔!鬼籍通覧第7弾。犯人が遺体に込めたメッセージに若き法医学者、伊月崇と伏野ミチルの名コンビが迫る!

著者紹介

椹野 道流 (フシノ ミチル)  
法医学教室勤務のほか、医療系専門学校教員などの仕事に携わる。この「鬼籍通覧」シリーズは、現在8作が刊行されている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)