• 本

講談社文庫 ひ54−2

出版社名 講談社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-06-518099-0
4-06-518099-6
税込価格 902円
頁数・縦 397P 15cm

商品内容

要旨

開拓期の北海道。命が軽んじられる場所で、生き抜こうとする者たちがいた。騙されてタコ部屋に送られ、過酷な労働を強いられる男。貧困にあえぎ、子のため身を売る女―。旅でこの地を訪れた現代の就活生・上原沙矢は、彼らの人生に触れ、己の道しるべを見いだす。時代を超え、生きる意味を問う渾身の一作。

おすすめコメント

北の大地で、貧しさに打ち震えながらも、逞しく己の運命を切り拓いていく男女を描く、新たな大河ロマン小説。

著者紹介

蛭田 亜紗子 (ヒルタ アサコ)  
1979年生まれ。札幌市出身。2008年に第7回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞を受賞、’10年に『自縄自縛の私』(受賞作「自縄自縛の二乗」を改題)を刊行しデビュー。同作は’13年に竹中直人監督により映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)