• 本

ドゥルーズ流動の哲学

増補改訂

講談社学術文庫 2603

出版社名 講談社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-06-518747-0
4-06-518747-8
税込価格 1,386円
頁数・縦 337P 15cm
シリーズ名 ドゥルーズ流動の哲学

商品内容

要旨

二〇世紀後半の哲学を牽引した思想家ジル・ドゥルーズ(一九二五‐九五年)。哲学史的な著作から出発し、『差異と反復』と『意味の論理学』を経て、ガタリとの共著『アンチ・オイディプス』と『千のプラトー』に到達した哲学者は、大著『シネマ』へと向かっていく―生涯をたどりつつ主要著作を読み解いていく定評ある書に加筆・訂正を施した決定版。

目次

プロローグ―異人としてのドゥルーズ
第1章 ある哲学の始まり―『差異と反復』以前
第2章 世紀はドゥルーズ的なものへ―『差異と反復』の誕生
第3章 欲望の哲学―『アンチ・オイディプス』の世界
第4章 微粒子の哲学―『千のプラトー』を読み解く
第5章 映画としての世界―イマージュの記号論
第6章 哲学の完成
エピローグ―喜びの哲学

おすすめコメント

20世紀最大の哲学者の全主要著作を誠実にたどり、その思想の全容を伝える定評ある書。大幅な加筆・訂正を施した決定版、完成。

著者紹介

宇野 邦一 (ウノ クニイチ)  
1948年、島根県生まれ。パリ第8大学哲学博士。立教大学名誉教授。専門は、フランス文学・思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)