• 本

恐竜ガールと情熱博士と 福井県立恐竜博物館誕生秘話

出版社名 小学館
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-09-227220-0
4-09-227220-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 161P 21cm

商品内容

要旨

一九八二年、少女が拾った不思議な石が呼び覚ました、一億二千万年前の恐竜の世界。その小さな化石の大きな可能性に情熱を注ぎこみ、どんな困難にもあきらめずに立ち向かう博士がいました。これは本当にあったお話です。

目次

まんが 恐竜ガールとなぞの石
第1章 少年・洋一とクジラの骨と
第2章 化石好きな一家と桑島化石壁と
第3章 恐竜ガールと情熱博士と
まんが 恐竜化石発掘隊を支えた人々
第4章 発掘調査隊とカレーおじさんと
図鑑 福井で発掘された新種の恐竜リスト
第5章 福井県知事と世界の恐竜博物館と

おすすめコメント

あきらめない心が、道をひらく! 1982年、福井県と石川県にまたがる山中で、中学生の少女が不思議な石を拾ったことが、日本一の恐竜博物館誕生のきっかけとなりました。当時は、日本海側からは恐竜の化石は発見されておらず、「恐竜」が怪獣や幻の生き物と捉えられていた時代。この小さな化石の大きな可能性に情熱を注ぎ込み、あきらめずに調べ続けた博士と、それを支えた多くの人々。「恐竜王国・福井」の礎となった汗と涙の発掘奮闘記を、エピソード漫画やグラフィック図鑑も交えながら、ノンフィクション読み物としてまとめた1冊です。

著者紹介

祓川 学 (ハライカワ マナブ)  
ノンフィクションライター、児童文学作家。1965年東京生まれ。立正大学経済学部卒業後、総合週刊誌、月刊誌等で主に皇室記事を担当。ほか事件、ヒューマン・ドキュメンタリー、著名人へのインタビュー記事にも取り組み、海外・国内で取材活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)