• 本

米国とイランはなぜ戦うのか? 繰り返される40年の対立

出版社名 並木書房
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-89063-395-1
4-89063-395-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 275P 19cm

商品内容

要旨

米国とイランは一九八〇年に断交して以来、四〇年にわたって対立を続けてきた。トランプ大統領の登場で、その対立は激しさを増し、二〇二〇年一月三日のソレイマニ司令官殺害でピークに達した。その後も米国の圧力は続き、イランの抵抗も続いている。危機は去っておらず、両国の対立が軍事衝突に発展する可能性は高い。なぜ米国とイランはここまで憎しみあい、敵対するのか?両国の抗争の歴史を振り返り、イランが生存をかけた危険な勝負に出ている危機の実態に迫る!

目次

第1章 米・イラン相互不信の歴史
第2章 オバマ「核合意」の失敗
第3章 トランプ政権の対イラン戦略
第4章 限界近づくイランの「戦略的忍耐」
第5章 イランを締め上げるトランプ
第6章 イランの「最大限の抵抗」戦略
第7章 軍事衝突に向かう米国とイラン

著者紹介

菅原 出 (スガワラ イズル)  
国際政治アナリスト・危機管理コンサルタント。1969年生まれ、東京都出身。中央大学法学部政治学科卒業後、オランダ・アムステルダム大学に留学、国際関係学修士課程卒。東京財団リサーチフェロー、英危機管理会社役員などを経て現職。合同会社グローバルリスク・アドバイザリー代表、NPO法人「海外安全・危機管理の会(OSCMA)代表理事」も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)