• 本

病院でちゃんとやってよ

双葉文庫 お−40−01

出版社名 双葉社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-575-52317-1
4-575-52317-8
税込価格 759円
頁数・縦 356P 15cm

商品内容

要旨

「うちの母は、絶対に治るんだから、ちゃんと病院が歩けるようにしてよ!」35歳の看護師・大八木新菜が働くリハビリ病棟には、自分勝手な主張ばかりする患者とその家族が今日もわんさか。…新菜は思う。そう都合良く、病院でなんでも面倒見られるわけないでしょう!!にわかに降りかかった介護問題に動揺する家族たち。ベストな道を探して、新菜も共に奮闘する。現役ナースが衝撃のリアリティーで描く、「介護のお仕事」小説!

おすすめコメント

「うちの母は、絶対に治るんだから、ちゃんと病院が歩けるようにしてよ!」現実を見ず、介護従事者を召し使いかのように扱い、自分勝手な希望を押しつける患者家族が今日も続々と! 35歳独身の大八木新菜はリハビリ病棟で働く看護師。激務の上に、わがままな患者、無責任な患者家族に悩まされる日々だ。退院したら誰が看るかで揉める家族。母を元通りにするまで帰すなと威張り散らす息子。そこには壊れた家族関係が浮かび上がる。介護の身になって初めて味わう悔悟――現役看護師が描く、リアル介護病棟小説、書き下ろし文庫で登場!

著者紹介

小原 周子 (オハラ シュウコ)  
1969年、埼玉県生まれ。春日部准看護学校卒業の現役看護師。2017年「ネカフェナース」で「第12回小説現代長編新人賞奨励賞」を受賞し、受賞作を改題した『新宿ナイチンゲール』を18年1月に刊行した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)