• 本

足軽仁義 三河雑兵心得

双葉文庫 い−56−01

出版社名 双葉社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-575-66987-9
4-575-66987-3
税込価格 693円
頁数・縦 292P 15cm

商品内容

要旨

時は戦国、所は三河。喧嘩のはずみで人を死なせ、村を出奔した十七歳の茂兵衛は、松平家康の家来である夏目次郎左衛門に拾われる。折しも、家康と一向宗の三ヶ寺が対立、両者は一触即発の状態にあった。本来なら鉄の結束を誇る家康家臣団にも一揆側に走る者が相次ぐなど由々しき事態となっている。そして、熱心な一向宗門徒である次郎左衛門もその一人であった。武士人生ののっけから、立身出世どころか国主に弓を引く謀反人になってしまった茂兵衛。波乱の世に漕ぎ出した新米足軽の運命やいかに!?戦国足軽出世物語、いざ開幕!

おすすめコメント

喧嘩のはずみで人を殺め、村を出奔した18歳の茂兵衛は、松平家康の家来である夏目次郎左衛門の屋敷に奉公することに。だが時悪しく一向一揆が勃発。熱心な一向宗門徒である次郎左衛門は主君に弓引くことを決意する。立身出世どころか謀反人になってしまった新米足軽・茂兵衛の運命やいかに!?

著者紹介

井原 忠政 (イハラ タダマサ)  
神奈川県鎌倉市在住。会社勤務を経て文筆業に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)