• 本

西新宿幻影物語

出版社名 産業編集センター
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-86311-256-8
4-86311-256-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 266P 19cm

商品内容

要旨

東京新宿。「島田法律事務所」に籍をおく弁護士・坂井尚也は、その裏に「幻影保険」請負人という顔を持つ。生前に積み立てた時間を死後に使う「幻影保険」を求めて、人々は彼のもとを訪れ、幻影の時間を生き、終えていくのだ。順調に見えた保険業だったが、坂井はある日突然、仕事を畳むと言い出す。廃業理由について彼は一切の説明を拒み、そして姿を消した。予想外の結末。真実はどこに。静かに心奪われる終末ファンタジー。

著者紹介

小林 栗奈 (コバヤシ クリナ)  
1971年生まれ。中央大学文学部で図書館情報学を学ぶ。会社員。2015年、第25回「ゆきのまち幻想文学賞」長編賞受賞。2016年『利き蜜師』で第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞を受賞し、『利き蜜師物語 銀蜂の目覚め』(産業編集センター)として刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)