• 本

カラー図解分子レベルで見た薬の働き なぜ効くのか?どのように病気を治すのか?

ブルーバックス B−2127

出版社名 講談社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-06-518732-6
4-06-518732-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 309P 18cm

商品内容

要旨

飲んだり、注射したり、貼ったりした薬は、どのように体に作用し、病気を治すのだろうか?20世紀後半に急速に発展した生命科学は、「薬の働き」の理解を大きく進展させた。薬が効くメカニズムを分子レベルで理解することは、より効果的で、安全な薬の発見につながるだけでなく、「生命の働き」そのものを理解することでもある。薬を理解するために必須の50種類の医薬分子のメカニズムを網羅。

目次

第1章 薬はどのように効くか
第2章 魔法の弾丸を求めて
第3章 がんとの闘い
第4章 見えない敵
第5章 生活習慣病の治療
第6章 免疫反応と炎症反応
第7章 脳や精神の病気の治療

おすすめコメント

薬の働きを理解することは、生命の働きを理解することだ! 抗生物質の発見から、最新の免疫チェックポイント阻害薬までを網羅。

著者紹介

平山 令明 (ヒラヤマ ノリアキ)  
1948年、茨城県生まれ。1974年、東京工業大学大学院修了。ロンドン大学博士研究員、協和醗酵工業(株)東京研究所主任研究員、東海大学開発工学部教授、東海大学医学部教授、東海大学糖鎖科学研究所教授を経て、2016年より東海大学先進生命科学研究所教授。理学博士。現在のおもな研究課題は、コンピュータ科学を駆使した、より効果的で、より安全な医薬品の開発。さらに、人間のQOL向上につながる有用物質の探索・創製にも興味を持って研究活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)