• 本

99%の人が気づいていないお金の正体

出版社名 宝島社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-299-00125-2
4-299-00125-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 215P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

税金、投資、仮想通貨、クラファン、サブスク、年金制度、セルフブランディングほか全32テーマ。貯める人ほどバカをみる!堀江貴文が教える新時代の「稼ぎ方」と「生き方」。著者初マネーの教科書。

目次

第1章 お金とは何か?(お金の起源―信用がない相手と取引しようというときお金が必要になった
お金の歴史―なぜ、中国の銅貨が江戸時代まで日本で流通していたのか ほか)
第2章 お金の「常識」は間違いだらけ(需要と供給―安売り競争に参入すると間違いなく貧乏クジを引く
貯金―貯金なんてしてお金を「遊ばせておく」のはアホらしい ほか)
第3章 国がやることは信じるな(国債―少子高齢化する日本で国債が「破綻しない」保証なんてどこにもない
年金制度―「年金払え!」デモに参加しているヒマがあったら「生き方改革」しろ ほか)
第4章 マネー革命が始まっている(市場開放―偏狭なナショナリズムや純血主義で世界の頂点に立てるわけがない
技術革新―お金革命や仕事革命を生んだアイフォンという名のイノベーション ほか)
第5章 信用があればお金はいらない(クラウドファンディング―お金が余っているという人が世の中にはいくらでもいる
オンラインサロン―なぜ、僕はサロンで月額1万円もの会費をとるのか? ほか)

おすすめコメント

「貯める人ほどバカをみる!」 堀江貴文が教える、新時代の「稼ぎ方」と「生き方」 著者初のマネーの教科書! 「税金」「投資」「仮想通貨」「クラファン」「サブスク」「年金制度」「セルフブランディング」 ほか、全32テーマについて、ホリエモンが徹底解説します。 ●「お金の本質=信用」である ●消費税は20%にすべき ●貯金より投資、投資より起業 ●生命保険はギャンブル ●「手取り14万円」は終わっていない ●企業は人を雇わなくなる ●ニートこそ起業に向いている ●高度経済成長は「まぐれ当たり」 ●「消費者余剰」で豊かに生きる ●モノも自分も安売りするな! ●ビジネスはクラファンで実現 ●ベーシックインカム導入で税金を大幅コストカット 他

著者紹介

堀江 貴文 (ホリエ タカフミ)  
1972年、福岡県八女市生まれ。実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発やスマホアプリのプロデュースなど、幅広く活動を展開。有料メールマガジンの読者は2万人を超え、2014年には会員制のオンラインサロンを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)