• 本

病気のご利益

ポプラ新書 187

出版社名 ポプラ社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-591-16617-8
4-591-16617-1
税込価格 946円
頁数・縦 235P 18cm

商品内容

要旨

閃きと直感を信じ、実行するのみ。ユニークな病気克服法を一挙公開!「子供の頃、熱を出すと幻想世界で遊べる楽しみがあった」「入院は死の世界から生の世界を見るチャンスともなる」―喘息、難聴、猫いないアレルギー、世界のヨコオによるかつてない病気エッセイ。

目次

「日替わり病気」病
天使のいる病院
子供の頃、熱を出すと…
十年に一度の事故
不運な事故が道を開いてくれた
休業宣言の先にある未来
無事帰還、喜ぶべきか
思いがけない手術
片足切断の危機
三島さんの死が起こした奇蹟〔ほか〕

おすすめコメント

「ちょっと不調がちょうどいい」喘息、骨折、難聴、猫いないアレルギー、83歳を迎えた著者が、不調や老化にユニークに向き合う。

著者紹介

横尾 忠則 (ヨコオ タダノリ)  
1936年兵庫県生まれ。美術家。72年にニューヨーク近代美術館で個展。以降、ヨーロッパ各国での個展開催、ビエンナーレ出品など、国際的に高い評価を得ている。また、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館など、国内でも個展を相次いで開催。95年に毎日芸術賞、2001年紫綬褒章、06年日本文化デザイン大賞、08年に小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、15年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。12年、神戸に横尾忠則現代美術館、13年、香川県に豊島横尾館開館。16年には『言葉を離れる』で講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)