• 本

日本近現代史入門 黒い人脈と金脈

集英社文庫 ひ6−9

出版社名 集英社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-08-744081-2
4-08-744081-8
税込価格 1,210円
頁数・縦 600P 16cm

商品内容

要旨

日本は本当にこのままで大丈夫なのか?財閥の誕生から、植民地政策の暗部、満州国建国、太平洋戦争への道程、戦後復興、公害問題、集団的自衛権、辺野古基地建設…明治維新から平成まで、日本を牛耳ってきた政治家、財閥、資本家の人脈と金脈に大きくメスを入れ、現代日本を作りあげてきた“権力構造の闇”のすべてを明らかにする。この一冊を読めば、この国の“真実の歴史”が分かる―。

目次

第1章 日本の財閥はどのように誕生したか
第2章 明治・大正時代の産業の勃興
第3章 朝鮮侵略・満州侵略の歴史
第4章 満鉄を設立して大々的なアジア侵略に踏み出す
第5章 最終絶滅戦争に至った経過
第6章 敗戦直後の日本の改革と日本国憲法
第7章 戦後の工業・経済復興はどのようにおこなわれたか

著者紹介

広瀬 隆 (ヒロセ タカシ)  
1943年東京生まれ。早稲田大学卒業。小説、ノンフィクション、医学書翻訳と広い分野で活躍。原発問題の取材、講演などに精力的な活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)