• 本

オリンピックと鉄道 東京・札幌・長野こんなに変わった交通インフラ

交通新聞社新書 140

出版社名 交通新聞社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-330-01920-8
4-330-01920-5
税込価格 880円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

1964年東京、1972年札幌、1998年長野と、国内で開催された過去3回のオリンピックを機に、鉄道を中心とした交通インフラがどのように整備され、大会期間中にどのような輸送が行なわれたのか。交通などの都市基盤が発展途上にあった当時、現在とは大きく異なるできごとが次々と起きていたのだった。昭和の東京大会から平成、令和と時代を重ねた今、「あのオリンピックのときにはこんなことがあったんだ」というエピソードの数々を、当時の貴重な記録から探る。

目次

第1章 1964年東京(「東京オリンピック」の開催
オリンピック大会前の東京
東海道新幹線の開業 ほか)
第2章 1972年札幌(「札幌オリンピック」の開催
オリンピック開催当時の札幌
北海道初の地下鉄誕生 ほか)
第3章 1998年長野(「長野オリンピック」の開催
「長野行新幹線」の開業
しなの鉄道の開業 ほか)

著者紹介

松本 典久 (マツモト ノリヒサ)  
1955年東京生まれ。出版社勤務を経てフリーランスの鉄道ジャーナリストに。『鉄道ファン』や『旅と鉄道』などへの寄稿、鉄道関連の書籍、ムックの執筆や編著などを行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)