• 本

心とトラウマ

角川ソフィア文庫 L−500−14 千夜千冊エディション

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-04-400584-9
4-04-400584-2
税込価格 1,496円
頁数・縦 410P 15cm

商品内容

要旨

自分?別人?心は見えるか。

目次

第1章 心についた傷(斎藤茂太『女のはないき・男のためいき』八〇三夜
北杜夫・斎藤由香『パパは楽しい躁うつ病』一七二一夜 ほか)
第2章 自分の中の別人たち(アシュレイ・モンターギュ『ネオテニー』一〇七二夜
デイヴィッド・ホロビン『天才と分裂病の進化論』六八四夜 ほか)
第3章 脳が心を見ている(ワイルダー・ペンフィールド『脳と心の正体』四六一夜
カール・ポパー&ジョン・エクルズ『自我と脳』一〇五九夜 ほか)
第4章 心理学と「私」の間(カート・ダンジガー『心を名づけること』一七二三夜
ゲオルグ・グロデック、野間俊一『エスとの対話』五八二夜 ほか)

おすすめコメント

「私」っ て誰?「自分」の正体は何?なぜ不安は解消できず、気分は乱れるのか。精神医学がはたしてきた役割と、 脳の機能を追って、「自分の中の別人」の謎をたぐりよせる。

著者紹介

松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ)  
編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。1971年、オブジェマガジン『遊』を創刊。超ジャンル的編集と先駆的グラフィズムを次々に生み出し、アート・思想・メディア界に多大な影響を与える。1987年、編集工学研究所を設立。情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し、さまざまな企画・編集・クリエイティブに展開する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)