• 本

日本のワイン法

出版社名 虹有社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-7709-0076-0
4-7709-0076-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 263P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

近年、大きく変化した日本のワイン関係の法令について、ワインの国際機関の「OIV賞」(法学分野)受賞の法学者が、ラベル表示や地理的表示を中心に分かりやすく解説。

目次

第1章 酒類関連法とワイン業界の自主基準
第2章 日本の「ワイン法」の誕生―2015年国税庁告示
第3章 厳格化された日本ワインの地名表示
第4章 地理的表示―ただの地名表示と何が違うのか?
第5章 G1ワインの生産基準―「山梨」と「北海道」
第6章 ラベル表示のルール
第7章 グローバル化の中のワイン法

著者紹介

蛯原 健介 (エビハラ ケンスケ)  
1972年、福岡市に生まれる。熊本県立濟々黌高等学校、中央大学法学部卒業。立命館大学大学院法学研究科博士後期課程(公法専攻)修了。博士(法学)。明治学院大学法学部専任講師・助教授・准教授を経て、明治学院大学法学部グローバル法学科教授。専門は公法学およびワイン法。明治学院大学法学部においてワイン法の授業やゼミを担当。国際ワイン法学会理事。一般社団法人日本ソムリエ協会ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)。『はじめてのワイン法』はワイン界で最も権威ある「OIV賞」(法学分野)を受賞。学術図書での受賞は日本人初となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)