• 本

走狗

中公文庫 い132−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-12-206830-8
4-12-206830-4
税込価格 946円
頁数・縦 559P 16cm

商品内容

要旨

薩摩藩で最下層の武士階級出身ながら、西郷隆盛と大久保利通に見いだされ、幕末の表舞台に踊り出た川路利良。持ち前の才覚で栄達を重ねてゆき、維新後には日本の警察組織を作り上げ、初代大警視(警視総監)まで上り詰めた。しかし、新政府の方針を巡り、西郷と大久保が対立。川路は、大恩人である西郷の敵となる―。

おすすめコメント

薩摩藩の下級武士ながらも、西郷隆盛と大久保利通に出会い、幕末の表舞台に躍り出た・川路利良。激動の時代を這い上がり、日本の警察組織を作り上げた川路。「西郷を殺した男」と同郷人に憎まれつつも、組織と日本という新しい国家に殉じた男の光と影、そして波乱に満ちた生涯を描く歴史巨篇。〈解説〉榎木孝明

著者紹介

伊東 潤 (イトウ ジュン)  
1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『国を蹴った男』で第三四回吉川英治文学新人賞を、『巨鯨の海』で第四回山田風太郎賞と第一回高校生直木賞を、『峠越え』で第二〇回中山義秀文学賞を、『義烈千秋 天狗党西へ』で第二回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)を、『黒南風の海―加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』で本屋が選ぶ時代小説大賞2011を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)