• 本

死ねない時代の哲学

文春新書 1252

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-16-661252-9
4-16-661252-2
税込価格 935円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

細菌やウイルスに突然、命を奪われる時代が終わり、有数の長寿社会が実現したいま、歴史上はじめて、一人ひとりが自分の人生の終わり方を考えざるをえなくなった。死生観、安楽死、尊厳死、終末期医療…科学哲学の泰斗が示した、死を準備するために考えておくべきこと。

目次

第1章 なぜ「死ねない」のか(医学は経験論だった
歴史の浅い近代医学 ほか)
第2章 日本人の死生観(神話にみる死生観
人間は死んだらどこへ行くのか ほか)
第3章 死は自己決定できるのか(安楽死をめぐる世界の状況
尊厳死が容認されているアメリカ ほか)
第4章 医療資源・経済と安楽死(「死ねない」理由
胃瘻と経営 ほか)
最終章 死を準備する(生きてきたように死ぬ
いまをどう生きるか ほか)

おすすめコメント

世界有数の長寿社会となったため、日本人はどのような死を望むのかを問われるようになった。科学哲学の泰斗が考える死の迎え方とは。

著者紹介

村上 陽一郎 (ムラカミ ヨウイチロウ)  
科学史家、科学哲学者。1936(昭和11)年、東京生まれ。東京大学教養学部卒、同大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学教養学部教授、同先端科学技術研究センター長、国際基督教大学教養学部教授、東洋英和女学院大学学長などを歴任。東京大学名誉教授。国際基督教大学名誉教授。広島市立大学名誉博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)