• 本

男性性を可視化する 〈男らしさ〉の表象分析

神奈川大学人文学研究叢書 44

出版社名 青弓社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-7872-3465-0
4-7872-3465-X
税込価格 3,300円
頁数・縦 284P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

文学や芸術は、「男」をどのように描き出してきたのか―。欧米や中国の映画や文学、芸術、演劇などを男性表象という視点から読み替え、無意識的に/意識的に男性性に規定されて揺らぐ作家や登場人物の多様な“男らしさ”を、彼らが生きた時代と社会に即して析出する。社会のマジョリティと見なされているからこそ、透明人間のように「そこにいる」のに語られることがない男性性を解明する表象分析。

目次

序文 マスキュリニティ、二十世紀、表象
第1章 表現主義のマチズモとアウトサイダー性
第2章 新しい男の誕生?―ダダにおける「新しい人間」のマスキュリニティ
第3章 洪深のアメリカ留学体験―自伝における人種差別・恋愛、そして演じること
第4章 男らしくない西部劇小説『シェーン』―冷戦期アメリカの核/家族
第5章 「人間らしさ」への道、「男らしさ」への道―ラルフ・エリソン『見えない人間』
第6章 母、マジョリティ、減退する性―ロマン・ガリと男性性
第7章 飛ばなかった王子―マシュー・ボーン版『白鳥の湖』にみる男性性と現代社会
第8章 現代美術にみる狩猟と男性性―おとぎ話文化研究の視点から

著者紹介

熊谷 謙介 (クマガイ ケンスケ)  
神奈川大学外国語学部教授。専攻はフランス文学・文化、表象文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)