• 本

脳が活性化する大人の日本地図脳ドリル 61日1027問 おもしろ雑学編

元気脳練習帳

出版社名 学研プラス
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-05-801127-0
4-05-801127-0
税込価格 1,100円
頁数・縦 144P 26cm
シリーズ名 脳が活性化する大人の日本地図脳ドリル

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

手紙やメモをとる等、日常生活で文字を書く際に「知っている漢字なのに思い出せない」経験はありませんか。現代社会は、手書きで文字を書く習慣がどんどん減ってきています。言い換えれば、脳を使う機会も減少しているのです。体を動かさなければ体の機能が衰えるのと同様に、脳も使わなければ衰えてしまいます。体のための健康法があるように、脳にも健康法が必要です。「脳の健康法」とは、脳を使い続ける習慣を持つこと。本書にある日本地図の問題により、脳を活性化させることができます。昔、学校で習った地理や、興味を持って取り組める様々なテーマの地図問題を解きすすめ、脳を元気にさせましょう。

目次

第1章 名所を巡る観光地理
第2章 おいしいグルメ地理
第3章 都道府県と日本の自然
第4章 産業と名産品
第5章 名所・旧跡・繁華街
第6章 文化とスポーツ

おすすめコメント

東北大学・川島隆太教授の脳を活性化させる日本地図ドリル。今回はおもしろ雑学編61日分掲載。1章:名所を巡り観光地理、2章:グルメ地理、3章:都道府県と日本の自然、4章:日本の産業&農業&名産、5章:名所旧跡と繁華街、6章:文化・スポーツ

著者紹介

川島 隆太 (カワシマ リュウタ)  
1959年千葉県に生まれる。1985年東北大学医学部卒業。同大学院医学研究科修了。医学博士。スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、同専任講師を経て、同大学教授として高次脳機能の解明研究を行う。脳のどの部分にどのような機能があるのかを調べる研究の、日本における第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)