• 本

インタラクティブゼミナール新しい多文化社会論 共に拓く共創・協働の時代

出版社名 東海大学出版部
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-486-02187-2
4-486-02187-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 264P 21cm

商品内容

目次

第1部 出入国管理政策と改正入管法の基礎知識(入国管理とは何か:日本の政策展開と2018年入管法改正
日本に在留する外国人の人権
高度人材獲得政策と留学生 ほか)
第2部 多文化「共創」社会の実践に向けた課題(外国人高齢者への健康支援とケアマネジメント
日本語教育の役割と今後の課題:外国人受入れと日本語学校教育
外国人人材の獲得とダイバーシティ・マネジメント ほか)
第3部 海外での多文化「共創」から(韓国の移民政策と多文化社会
難民の社会参加と多文化社会:トルコと日本の難民受入れを事例として
ドイツの移民政策と地域社会:欧州難民危機を受けたドイツ社会の対応 ほか)
終章 新しい多文化社会論:共に拓く共創・協働の時代

著者紹介

万城目 正雄 (マンジョウメ マサオ)  
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程准教授。国際研修協力機構を経て、2016年より東海大学にて現職。専門は国際経済学、修士(開発学)
川村 千鶴子 (カワムラ チズコ)  
大東文化大学名誉教授、多文化社会研究会理事長。博士(学術)。大東文化大学環境創造学部教授(2013〜15年同学部長)、日本島嶼学会理事、日本オーラル・ヒストリー学会理事、移民政策学会理事などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)