• 本

ノースウッズ 生命を与える大地

出版社名 クレヴィス
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-909532-37-4
4-909532-37-4
税込価格 2,750円
頁数・縦 215P 24×24cm

商品内容

文学賞情報

2021年 第40回 土門拳賞受賞

要旨

太古から人と自然の物語が紡がれてきた世界最大級の原生林、ノースウッズ。カナダ初の世界複合遺産「ピマチオウィン・アキ」を含む恵みの大地で、旅をつづける写真家の眼と心に映ったもの。撮影20年の集大成。

目次

ノースウッズ探求の旅―情熱を持つ者(ジム・ブランデンバーグ)
生命を与える大地(ソフィア・ラブロースカス)
あとがき 出会いが開いてくれた道(大竹英洋)

著者紹介

大竹 英洋 (オオタケ ヒデヒロ)  
1975年京都府舞鶴市生まれ、東京都世田谷区育ち。一橋大学社会学部卒業。1999年より北米の湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに野生動物、旅、人々の暮らしを撮影。人間と自然とのつながりを問う作品を制作し、国内外の新聞、雑誌、写真絵本で発表している。写真家を目指した経緯とノースウッズへの初めての旅を綴ったノンフィクション『そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森ノースウッズ』(あすなろ書房)で「第7回 梅棹忠夫・山と探検文学賞」受賞。2018年「日経ナショナルジオグラフィック写真賞ネイチャー部門最優秀賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)