• 本

独裁者ティラノ・バンデラス 灼熱の地の小説

ルリユール叢書

出版社名 幻戯書房
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-86488-193-7
4-86488-193-6
税込価格 4,620円
頁数・縦 451P 19cm

商品内容

要旨

ラテンアメリカ某国の残酷で滑稽な二日間。ウナムーノらスペイン“98年世代”の作家バリェ=インクランが独自の小説技法「エスペルペント」で描き出した、いびつで歪んだグロテスクな現実世界―ガルシア=マルケス、フエンテスら世界文学者に継承される“独裁者小説”の先駆的作品。本邦初訳。

著者紹介

バリェ=インクラン (バリェインクラン)   Valle‐Incl´an
1866‐1936。ガリシア地方ポンテベドラ生まれのスペインの作家。耽美的愛の世界を描いた「ソナタ」四部作で地位を確立し、劇作に専念した後には、独自のエスペルペント美学にもとづき現実を滑稽かつ冷徹に描き出し“98年世代”を審美的にリードした
大楠 栄三 (オオグス エイゾウ)  
1965年、福岡県生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、明治大学法学部教授。専門は十九世紀後半から二十世紀初頭のスペイン小説・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)