• 本

紅花ノ邨

決定版

文春文庫 さ63−126 居眠り磐音 26

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-16-791460-8
4-16-791460-3
税込価格 803円
頁数・縦 333P 16cm
シリーズ名 紅花ノ邨

商品内容

要旨

かつての許婚・奈緒が身請けされた紅花問屋前田屋が、取り潰しの危機に瀕している―。抜き差しならない一報を受け取り、事態を憂慮した佐々木磐音は、一路、出羽山形へと急ぐ。次第に判明する、紅花商いの利をめぐる山形藩内部の対立、そして黒幕の正体…。騒動の鍵を握る文書を携え身を隠す奈緒。磐音は再会できるのか!?

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)