• 本

毒々生物の奇妙な進化

文春文庫 ウ24−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-16-791467-7
4-16-791467-0
税込価格 1,045円
頁数・縦 340P 16cm

商品内容

要旨

ある日突然、皮膚の一部が青、赤、紫、黒と変色し、やがて壊死する。驚きの症状の原因は小さな蜘蛛だった!この世には想像を絶する「毒々生物」たちが生息している。ゴキブリの脳を乗っ取るハチ、体長3メートルの肉食トカゲ、赤血球を破裂させるクラゲ…。読めば読むほど「毒々生物」に夢中になる禁断の書!

目次

第1章 猛毒生物の遺伝子に挑む
第2章 最凶の殺戮者は誰だ?
第3章 注射するのはヘビの毒
第4章 人生を変える「激痛」
第5章 人食いトカゲの島へ上陸
第6章 骨の髄まで食べつくす
第7章 そのとき食物連鎖が逆転した
第8章 恐怖のマインド・コントロール
第9章 ミツバチの毒がHIVを殺す

著者紹介

ウィルコックス,クリスティー (ウィルコックス,クリスティー)   Wilcox,Christie
生物学者。2014年にハワイ大学で博士号取得(細胞分子生物学)。サイエンス・ライター
垂水 雄二 (タルミ ユウジ)  
翻訳家。科学ジャーナリスト。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。生物学、進化論翻訳の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)